「足跡」が分かってしまうフェイスブックの新機能について解説します。

フェイスブックで足跡がわかってしまう機能とは



今まで、こっそり見ていた人は要注意!!

※2019年11月5日追記
フェイスブック(facebook)は、人の投稿を誰が見たかわかる「足跡」機能は無いと思われていますよね?

フェイスブックを全然見ていないんじゃないか?という人が、実は、こんなにも友達の投稿を見ていたのか!?とそんな事実に遭遇してしまうという「足跡」機能が存在している一部機能があるのです。

今まで、知り合いの投稿をこっそり見ていた人は、その行動がバレバレになってしまう危険な機能なのですですが、足跡を残さない方法もありますので、紹介させていただきます。

足跡がある機能、それはこちらです。

新機能ストーリーズを見る時は注意せよ!

少し前に追加された「ストーリーズ」という機能に「足跡」があります。どうやって使うかまだよく分からない人もいるかと思うので、まずはご説明いたします。

ストーリーズって何?

フェイスブック足跡が分かってしまうストーリーズの場所

facebookのストーリーズは、写真や動画を投稿する機能ですが、その特徴はタイムラインには出ずに、上部にあるストーリー専用枠に表示され、24時間で投稿が消えるというものです。タイムラインに投稿するほどじゃないけど、日常の何気ないシーンをアップして友人にアピールするのには気軽でちょうど良いとのことで人気が出てきています。

facebookのストーリーズの特徴

ストーリーに投稿した静止画は6秒表示されると、次の投稿に自動で変わります。(動画を投稿した場合、その動画の尺分の時間になります)1日のうちに何度か投稿した場合、その投稿が順番に表示されます。流れるように切り替わるので、友達にじっくり見られることがありません。逆にじっくり閲覧したい人は、切り替わってしまう表示にやきもきしてしまうかもしれません。インスタグラムにも同じようにストーリー機能があり、facebookと連動させることが可能です。

ストーリーズの加工

facebookのストーリーズでは、投稿する写真にスタンプや、テキストを入れたり、エフェクトを入れることもできます。とても気軽にできます。しかも、この加工した写真をタイムラインに投稿することも選択できるのでとても便利です。

ストーリーズの過去投稿を確認したい場合

1日で消えてしまう投稿ですが、自分のみ過去ログ(アーカイブ)を見ることができます。(友達の過去ログは閲覧できません)日記代わりにも利用できて便利ですね。
スマホのアプリから過去ログ(アーカイブ)を確認しようとしたところ、以前あったボタンが消えておりました。アーカイブが見れない・・。
PC版で確認してみたところ、パソコン版では閲覧可能でした!
このように、突然、しれっと仕様がかわったりするので、今まで足跡が無かった他のSNSも、しれっと足跡機能が登場して閲覧がばれる可能性もあります。ネットのサービスを使用するときは要注意です!

※2019年11月5日追記
依然として、アーカイブはパソコンでしか見られないようです。
場所は、ストーリーズの枠内にある、「すべて見る」を押してください。そうすると、ストーリーズの専用画面に映ります。左上に「アーカイブ」とあるので、そちらをクリックすると表示されます。

ストーリーズのアーカイブの場所

ストーリーズの足跡機能

さて、本題のfacebookストーリーズの「あしあと」がどのようにして分かってしまうか。

ストーリーズ閲覧者チェック

自分が投稿したfacebookストーリーズの写真や動画をクリックすると、左下に閲覧者情報が表示されます。こちらをクリックすると、誰が閲覧したか、記録が出てきます。
こちら、投稿した本人のみが確認可能で、相手には表示されません。

1日で削除されてしまうストーリーなので、リアクションもタイムラインの投稿程は期待できません。その代わりとしての機能なのか、誰が閲覧したかわかる「足跡」的な機能があるのです。投稿者は、この閲覧者が多いと、うれしくてまた投稿したくなりますよね。

分かりにくいストーリーズの設定変更

facebookストーリーズも通常投稿記事と同じく、プライバシー設定が可能ですが、設定画面への行き方が少し分かりにくいです。
facebookストーリーズの投稿画面をタップし、その右上にある「・・・」マークを押す(タップ)すると、ストーリーをシェアする範囲を選択することが出来ます。
ちなみに、PCにも「設定」ボタンがありますが、こちらでは、投稿のミュート設定しか出来なく、プライバシー設定をするにはスマホで行うしかないようです。

FACEBOOKストーリーズ設定変更画面

facebookニュースフィードも共通ですが、今一度設定内容をおさらいしてみましょう。

公開
フォローされている人は誰でも見ることができますが、返信できるのは友達のみです。

友達とつながり
facebookの友達とMessengerの連絡先に登録された人にシェアされます。

友達のみ
Facebookの友だちのみ

カスタマイズ
特定の人の名前を登録を登録

ストーリーズを表示しない人
ストーリーズを表示させたくない人を個別で設定できます。「友達とつながり」と「友達」にチェックが入っている時にだけ操作可能な場所です。

ちなみに、パソコン版からもfacebookストーリーズを投稿することは可能です。

足跡追跡ツール

実は、facebookでは、ストーリーズ以外で足跡が分かるものが存在しておりました。
「my top fans」という、タイムラインを訪問した回数やいいね、コメント、シェアをした回数を計算し、ランキングするという追跡系アプリです。こちら現在は、提供が終了しているようです。なぜ終了したのか理由は明らかではありませんが、このような同じ仕組みのアプリが今後、他に出てくる可能性は考えられますので、安心はできないですね。

そして、足跡とは異なりますが、Facebookグループでは既読機能があります。facebookグループの人数が250人未満の場合、誰が投稿を閲覧したか確認できます。
連絡が行き渡って無い人を見つけたり、イベントなど管理する場合に便利ですね。
※確認できるのは、グループ内の投稿を見たグループメンバーのみです。

facebook等のSNSの設定は日々更新され、変化していきます。人の投稿は、こっそりではなく、堂々と閲覧しても、やましくない人間関係を気づくのが基本かと思います。

検索してばれる機能はあるか?

では、facebookストーリーズの他に相手に足跡がばれてしまうような機能は他のあるのでしょうか?
まず、気になるところは検索機能です。検索履歴から相手にばれてしまうのではないかという疑問を持った方も多いのではないのでしょうか?
誰かを検索すると「知り合いかも」に自分が表示されてしまったり・・・。ですが、今のところ心配無いようです。こちらの検索履歴が相手にばれることは無いみたいですね。

facebookでは「知り合いかも」に突然、昔の友だちが表示されてびっくりしたことは無いでしょうか?ひっそりとfacebookをやっている方からすれば、沢山の相手に自分の存在がばれてしまうということは防ぎたいですよね。そんな時は「検索制限」をかけましょう。facebookには電話番号とメールアドレスを使った検索機能があります。この検索にひっかからない為には「設定とプライバシー」から「検索と連絡に関する設定」で検索制限の設定をしてください。

これを機に、プライバシー設定を見直そう!

FacebookはInstagramやtwitterと違い、基本的には実名登録を前提としています。もしも自分の意に反した炎上や拡散が起こってしまった場合、あなた自身の個人情報が漏洩するだけではなく、芋づる式に、友達や会社関係、関連の情報も知られてしまうことになります。ですので、投稿内容やログインパスワード、メールアドレスの管理をしっかりと行う必要があります。アカウントが乗っ取られてしまったら、友人の連絡先まで漏洩してしまうことになります。その場合、Facebookに連絡すればアカウント凍結等の対処をしてもらえますが、個人情報漏洩は免れません。
詳しい設定方法はこちらのサイトが詳しく解説していますので、参照ください。

渋々友達申請してしまったけど、投稿閲覧を相手に知られずにブロックする方法もあります。気に入らない相手の投稿を非表示にしたりと色々便利です。
少し、設定項目が多く面倒ですが、使ってみてください。

足跡を残さないためには?

せっかく人の投稿をこっそり閲覧していたのに、足跡が残ったら台無しじゃないか!?ストーカーだと思われる!!好きだと勘違いされちゃう!など、お困りの方。ストーリーの閲覧履歴を消す裏ワザ的な方法が実は存在したりは・・・しておりません!(今のところ)
しかし、足跡を残さない方法は簡単です。プレビューの小さい画面をタッチせずに見ると、閲覧したことが残る、ばれることはありません。タップして拡大表示した時点で閲覧履歴が残ります。
このことに早く気づいた方はラッキー!FBなんて全くやってないよ。というキャラを装いつつも、ガンガン人の投稿を見ていた人は、もう、諦めて開き直るしかありませんね!
ではまた。

あわせて読みたい